どこへでも行く

一人旅のつれづれ、行き方や食べたものなど。それ以外に好きなスポーツのことなど

チャンギ空港はラウンジ以外にも格安シャワーがあるよ!

シンガポール滞在11時間弱。

サイクリングに興じています。

 

チャンギ空港に関して、ジュエルでの買い物や、ラウンジのはしご、夜ちゃんとそれなりの仮眠スペースがある、などは有名ですが、それとは別に、多分あまり知られていない情報で、私のような予算をあまりかけたくない人にとってはかなり有益な情報をご紹介します。

 

もちろん有料ですが、ここチャンギ空港にはラウンジ以外にも安価でちゃんとした清潔なシャワールームがあるのです!

 

以前の記事でチャンギ空港で入国後シャワーを浴びた話。

 

www.anywhereigo.net

 

マリーナベイまでのサイクリングが終わり、搭乗まではまだ時間がありますが、とりあえず多量に汗をかいたのでラウンジに戻ってシャワー浴びたい気分です。

しかし!自転車を返却すると、Go Cyclingのおじさんが、まだ営業時間なのに私が自転車返したらソッコー店のシャッターおろして、なにか私をひらひら手招きします。

おじさんに、ついていくと、なんと!シャワーがあるじゃないですか!

 

www.changiairport.com

これがシャワーに関するURL

一応営業時間にしばりがありますが、かなり安い。

 

制限区域内のアンバサダートランジットラウンジにある、有料で利用できるサービス↓↓

たとえばここだと、20$するらしい💦

uco-trip.com

 

それがここだとたったの5シンガポールドル!!

制限区域外に出る必要ありますが、

なんと四分の一の価格で入れるのです!日本の銭湯と同じくらいの値段でシャワーが浴びれます!

逆にトランジットで制限区域外に出るのなら、サイクリングとともに絶対の絶対にオススメです!

 

サイクリングでかいた汗をここで綺麗さっぱり流せるなんて!ほんとにチャンギ空港は設備が素晴らしい!

 

タオルを忘れた人のためにこのような自販機もあり。

この時点で、次のフライトの搭乗券さえあればラウンジに再入場できるというのは、さっきシャワー目的でラウンジへ行ったときに確認済みでしたが、折角おじさんのおごり(オンボロ自転車掴ませたのの免罪符?)なのでここでシャワー浴びることにします。

 

入口。誰もいない。

たぶん新しいのか、広く知られていないのか、誰も利用していません。

 

南国独特の開放感があります!

 

無料のシャンプー、ボディソープあり。

 

清潔で綺麗です。ちゃんとした会員制ジムのシャワーと似ている。

 

ということで、ここで汗を流していきます!